ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

立木の伐採には届出が必要です

非常災害時以外で、地域森林計画の対象となっている森林や平地林の立木を伐採する場合や、森林を伐採して別な用途として利用する場合には、市へ事前に伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)の提出が必要です。

伐採届とは、森林法第10条の8に規定されている届出で、たとえ自分の森林であっても立木を伐採する場合には届出をしなければなりません。無届で伐採を行った場合は、植栽を行って再び森林に戻すよう指導されたり、罰金が科せられたりすることもあります。

※提出後、市から「受理通知書」または「適合通知書」が交付されてからでないと、合法的な伐採とはなりません。

また、1 ヘクタール(10,000平方メートル)を超える森林の開発行為や保安林内での伐採については、別な手続きが必要となります。
ただし、届出を必要としない場合もありますので、詳しくはお問い合わせください。

伐採しているイラスト

提出期間

伐採を開始しようとする日の90日から30日前まで

提出書類

・伐採届(伐採及び伐採後の造林届出書)

・伐採箇所の図面(5000分の1)

伐採届(伐採及び伐採後の造林の届出書)[Wordファイル/24KB]

伐採届(伐採及び伐採後の造林の届出書)の記載例[PDFファイル/133KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)