ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

宅地造成奨励金交付事業が始まりました

宅地造成奨励金交付事業とは

この事業は、矢板駅西地区における良好な住環境の整備と住宅用地の提供を促進することにより、人口減少の抑制と定住化に資するため、住宅団地を造成する事業者に奨励金を交付することで、この地区の宅地化促進及びまちなか居住推進を図ることを目的としています。

補助の対象   ※詳細については、都市整備課までお問い合わせください。

交付対象者

矢板市が指定するエリア(「矢板都市計画区域における土地利用方針(H29.9策定)」に定める矢板駅西地区:既成市街地及び新市街地ゾーン内)において、分譲を目的として住宅団地を造成する者

対象区域(矢板駅西地区)

対象区域図(矢板駅西地区) 「矢板都市計画区域における土地利用方針」4ページより抜粋
  ※矢板駅西地区における用途地域は、図中「矢板駅西地区(既成市街地)」に相当

造成する住宅団地の要件

1.住宅団地の区画数が、5区画以上であること。

2.住宅団地の予定建築物が、一戸建て専用住宅または併用住宅であること。

3.1区画当たりの面積が、用途地域内は165平方メートル、その他の地域は200平方メートル以上であること。

4. 住宅団地に係る開発行為は、矢板市土地開発指導要綱に基づく承認を受けたものであること。

奨励金の額

住宅団地の1区画あたり  15万円

※交付は、1年度内、1事業者、1申請までとし、予算の範囲内で交付します。

申請等

下記要綱に基づきご申請ください。

矢板市宅地造成奨励金交付要綱 [PDFファイル/261KB]

申請書等(要綱別記様式)pdf [PDFファイル/110KB] 

申請書等(要綱別記様式)word [Wordファイル/18KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)