ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

矢板市都市計画マスタープラン

矢板市都市計画マスタープランを見直し策定しました

 令和3年3月に改訂された、本市の最上位計画である『やいた創生未来プラン』(総合計画及び総合戦略)に即し、県が定める『都市計画区域の整備、開発及び保全の方針』を踏まえ見直し策定しました。

 計画では、目標年次である令和24年度の矢板市の将来都市像を『豊かな自然と共生し 誰もが暮らし訪れる 次代につなぐ コンパクトなまち やいた』と定め、矢板市のまちづくりとして、長期にわたり基調とするべき基本理念・基本方針を明確にし、施策・事業の推進に取り組んでいきます。

計画策定に際して

 本計画策定に際しては、市民ニーズやまちづくりに対する課題、望ましいまちの姿、まちづくりに対する満足度及び重要度を把握するため、市民アンケート調査(無作為抽出2,000名)を実施したほか、パブリックコメントによる意見募集を実施しました。
 また、計画に市民の皆さんの意見を広く取り入れるため、公募や各種団体から任命した市民などにより構成される「矢板市都市計画マスタープラン策定委員会」を設置しました。策定委員会は令和4年10月と令和5年3月の2回開催され、全体構想や地域別整備方針、まちづくりの推進方策などについて様々な検討を行い、案を作成しました。
 案は、市議会に報告したほか、矢板市都市計画審議会で慎重に審議され承認されました。

 令和5年3月31日、矢板市都市計画マスタープラン(矢板市の都市計画に関する基本的な方針)を見直し策定しましたので、これを公表します。

矢板市都市計画マスタープラン(矢板市の都市計画に関する基本的な方針)

『矢板市都市計画マスタープラン』は、都市計画法に定められた「市町村の都市計画に関する基本的な方針」です。

全編はこちらから

全編 [PDFファイル/11.93MB] ※全編は容量が大きいため注意してください。

章ごとにもご覧いただけます

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)