ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林業 > 林業 > 森林経営管理制度がはじまります

森林経営管理制度がはじまります

森林の適切な経営や管理のために

平成31年4月から「森林経営管理制度」がスタート

 森林は、山崩れなどの防止、地球温暖化防止、水源かん養等の機能があります。
森林の管理(間伐や下刈等の手入れなど)が適切に行われないと、その機能が失われてしまいます。
 このため、平成31年4月に森林経営管理法が施行され「森林経営管理制度」がスタートし、森林の適切な経営や管理を進めることになりました。

森林経営管理制度とは

(1)矢板市は、森林所有者に、所有する森林を今後どのように経営や管理していくかの意向を調査します。
(2)森林所有者が、自ら経営や管理を続けることが難しい(市に管理を委託したい)場合には、市と相談、森林の状況を確認し、今後の経営管理の計画を定めます。
(3)矢板市は、森林所有者から委託された森林が、林業に適している場合は、意欲と能力のある林業経営者に経営管理を再委託します。
(4)林業に適さない場合は、市が森林を管理します。
森林経営管理制度の概要

森林所有者「意向調査」とは

 矢板市では、市内に経営管理されていないスギ・ヒノキなどの人工林を所有されている方に、所有する森林を今後どのように経営や管理していくかの調査を行います。
 調査は、今後10年程度の間に順次行っていく予定ですので、調査票が送付されましたら、調査へのご協力をお願いいたします。
 また、この調査を待たずに、市へ経営管理の委託の申出をすることもできます。