ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

窓口で本人確認を行います

平成20年5月1日から本人確認を実施しています。
本人になりすました第三者からの住民票の写し、戸籍の謄本や抄本などの請求、及び他人による虚偽の戸籍届出を防止するため、窓口に来られた方などの本人確認をさせていただきます。 

本人確認の対象者

窓口に来られた方(代理人として来られた方も対象となります。)

代理人として窓口に来られる場合、委任状が必要となります。(ただし、戸籍届出においては、委任状は必要ありません。)

本人確認のための身分証明書

1点で身分証明書となるもの

 マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード(写真付き)、国または地方公共団体の機関が発行した免許証・許可証及び顔写真付きの身分証明書

2点以上で身分証明書となるもの

(1)と(2)(それぞれ一つ以上)または(1)を複数提示

(1)

  • 国民健康保険・健康保険・船員保険・介護保険・後期高齢者医療保険の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 年金手帳
  • 国民年金・厚生年金保険・船員保険に係る年金証書
  • 共済年金・恩給の証書
  • 住民基本台帳カード(写真なし)

(2)

  • 学生証
  • 法人が発行した身分証明書
  • 国または地方公共団体の機関が発行した資格証明書で、写真が貼付されているものなど

注意事項

印鑑登録や旅券の申請、マイナンバーカードを受領する場合には、この限りではありませんので詳しくは市民課へお問い合わせください。