ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

御前原公園

公園利用者のみなさまへ

  新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、予防への取組みにご協力ください。

 公園を利用する際は、ベンチや広場において、「混んでいたら利用しない」、「いつもより短めに」、「独占しないように利用する」など、密集・密接の状況を作らないよう、ご協力をお願いします。引き続き、マスクの着用・手洗いや消毒、咳エチケットの徹底など、感染拡大防止につながる行動を心がけましょう。

御前原公園について

御前原公園は、12世紀初め、塩谷地方の領主、塩谷頼純の築城といわれる平城跡の公園です。園内には当時の土塁や堀がほぼ完全な形で残っています。また、はしか地蔵があり毎年縁日が行われています。

御前原公園の写真御前原公園はしか地蔵

矢板市活性化活動グループ「こんさい」

矢板市活性化活動グループ「こんさい」は、シャープ跡地から塩田ダムへの北西ベルト地帯を軸にして、「食と自然エネルギーによる地域活性化」を目的に学習を続けています。

「こんさい」は、御前原公園内に簡易気象観測装置を設置し、気象データを多くの人々にリアルタイムで無償提供しています。矢板市の豊富な自然エネルギー賦存量数値化して、市の文化や歴史遺産と共に広く世界へ発信して地域の活性化を目指しています。

簡易気象観測装置