ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・安全 > 防災 > 防災情報 > 防災行政無線戸別受信機を無償で貸与します

防災行政無線戸別受信機を無償で貸与します

市では、防災行政無線を使い、定時放送や災害の発生、避難情報などの放送をしていますが、屋外のスピーカーでは豪雨の際に音がかき消されたり、気密性が高い住宅では聞こえにくい場合があります。

そのような場合に備え、矢板市では放送を屋内で受信することができる戸別受信機を、無償で貸与いたします。

戸別受信機とは

市内に設置された防災行政無線のスピーカーから流れる放送が、家の中でも聞くことができる受信機です。地震情報、国民保護情報、市からの行政情報等が放送されます。

戸別受信機は通常AC電源を使用しますが、停電時には電池でも使用できます。なお、戸別受信機の使用による電気料金及び電池の費用については使用者負担となります。

通常、戸別受信機を自宅に設置していただくことで放送を受信することができますが、電波の感度がよくない場合には必要に応じ外部アンテナの取付工事が必要となります。なお、取付工事の費用については市が全額負担いたします。

戸別受信機の電池は、停電時の緊急放送受信のために「1年に1度」交換してください。

戸別受信機

※画像はイメージです。貸与されるものとは異なる場合がございます。

貸与対象

1.矢板市に住所を有すること

2.防災行政無線の屋内での聴取が困難な世帯または学校、病院、福祉施設、店舗、事務所その他の事業所であること

貸与台数は、1世帯または1施設につき1台とします。

今年度の設置については、洪水浸水想定区域及び土砂災害警戒区域に居住する世帯または存する施設を対象としますが、令和3年度の設置については、全世帯を対象とします。

洪水浸水想定区域及び土砂災害警戒区域の確認

1.矢板市防災ハザードマップ [PDFファイル/14.36MB]

2.とちぎ地図情報公開システム<外部リンク>

申請方法及び申請期限

貸与を希望する方は、申請書に必要事項を記入し、矢板市役所くらし安全環境課危機対策班にご提出ください。

申請受付期限は令和2年11月20日(金曜日)までとなります

なお、貸与時期については、令和2年12月以降を予定しています。

申請書(洪水浸水想定区域及び土砂災害警戒区域に居住する世帯または存する施設用) [Wordファイル/23KB]

申請書(全世帯用) [Wordファイル/23KB]

注意事項

・貸与された戸別受信機が使用できない等の異常を発見したときは、速やかに危機対策班(43-1114)までご連絡ください。

・貸与された戸別受信機を破損させたまたは亡くした場合、これに相当する価格の範囲において補償していただく場合がございます。

・使用者は、貸与された戸別受信機を譲渡し、若しくは転貸し、または担保に供してはなりません。

・転出または転居される場合は、必ず危機対策班までご連絡ください。

矢板市防災行政無線戸別受信機の貸与に関する要綱 [PDFファイル/389KB]

防災メール等

矢板市ではメール等でも、気象等の緊急に関する情報を受信することができます。

メール

(1) regist@mobile.city.yaita.tochigi.jp に、何も書かずメールを送信してください。

(2) 送信直後に市役所からメールが届きます。表示されるアドレスに接続して、登録作業をしてください(1分ほどで完了します)。

 

(1)でメールを送信しても市役所からメールが返ってこない場合は、迷惑メール対策の設定が影響している可能性がありますので、受信設定を確認するか、携帯会社各社の窓口でご確認ください。

放送確認電話

放送確認電話番号(通話無料) ☎ 0120-63-5151

防災行政無線の放送内容を放送後24時間、電話で確認することができます。なお、話し中の場合は、時間をおいてかけなおすか、43-5151(通話料がかかります。)でも確認することができます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)