ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ふるさと納税について

 あなたの思い(寄附)を矢板市のまちづくりのために役立ててみませんか?

 美しい高原山にいだかれて、豊かな自然の恵みを日々の暮らしに感じることのできる、すばらしいまち矢板。この豊かな自然を大切にしながら、未来に夢と希望のもてる矢板を、みなさまと一緒に築いていきたいと考えています。

高原山の写真

1.「ふるさと納税制度」とは?

 「ふるさと納税」はふるさとへの寄附金です。地方公共団体へ寄附(ふるさと納税)をすると、寄附金のうち2,000円を超える部分(寄附額-2000円)について、原則として所得税・個人住民税から全額が控除されます。
※控除額には上限があるため、一定の自己負担が出る場合があります。

2.寄附金はこのように活用させていただきます。

 「ふるさと矢板」の良さを見つめ直し、また、それを活用し、みんなの力で、新しい矢板市をつくることを目指して次の7つの メニューを用意しました。

 矢板市のまちづくりメニュー

 寄附金の使い道は、次の7つの中からお選びいただけます。

 第2次21世紀矢板市総合計画はこちらをクリックしてください。
 第2次21世紀矢板市総合計画 [PDFファイル/1011KB]

(1)市民主体のまちづくり事業[市民力の向上を目指します]

矢板市では、市民主体、市民主役のまちづくりを進めています。市民がまちづくりに関する様々な知識や仕組みについて学ぶ機会を拡充したり、まちづくりについて語り合う場を設けるなど、「市民力の向上」を図っていきます。

◇主な事業

 ・「矢板創生推進事業補助金」などの市民活動支援事業

 ・「心の教育推進」事業 など

仮

(2)次世代を担う人づくり事業[教育のまち矢板を目指します]

まちを動かすのは人の力、まちづくりは「人づくり」です。矢板市では、次世代を担う子どもたち が、ふるさとを愛し周囲の人や自然環境を思いやる心と、自ら考え行動できる力を身につけるための取組を進めていきます。

◇主な事業

・特色ある学校づくりの推進

・外国語指導助手活用事業

・学校施設の改修工事、教材備品購入に係る事業 など

仮

(3)安心して暮らせるまちづくり事業[暮らしの安心を確保します]

 すべての市民が心豊かに安心して日々の暮らしを送るために、安心して子どもを生み育てられること、生涯を健康で生きがいを持って暮らせること、そして、環境、防災、救急医療など日常の安全を確保するための施策を進めていきます。

◇主な事業

・ブックスタート事業、子どもの遊び場などの子育て支援事業

・健康ポイント、まちなか保健室事業 など

仮

(4)市民生活の利便性向上事業[交通機能の拡充を進めます]

 矢板市は、 東京圏からアクセスが良く、JR宇都宮線の2つの駅、東北自動車道のインターチェンジ、国道4号などの公共交通機能を有しています。これらを活かし、市民生活や企業活動の利便性を向上させるため、これらの機能向上を図っていきます。

◇主な事業

・東北道矢板北スマートIC整備事業

・市道の工事に係る事業 など

仮

(5)やいたの産業活性化事業[産業の振興に取り組みます]

 矢板市は、 雄大な高原山をはじめ豊かな自然環境と、それらが育む豊富な農産物などの恵まれた「資源」を有しています。この恵まれた資源を活用し、積極的に市外と交流を図り、各種産業の更なる振興に取り組んでいます。

◇主な事業

 ・やいたブランド認証事業

 ・企業誘致推進事業

 ・スポーツツーリズムの推進

 ・各種イベントの開催  など

仮

(6)「市長にお任せ」事業

*特にご指定がない場合、市政全般に充てさせていただきます。

高原山の写真

(0)コロナウイルスに負けない地域社会を作ります!
  矢板市コロナウイルス対策プロジェクト ”YAITA UNITES AGAINST COVID-19”

矢板市では、感染症対応のための施設整備を支援する取り組みや、感染拡大防止のため、経済的にも精神的にも多くの犠牲を払っている市民の生活や事業活動を守り抜くための様々な対策に一致団結して取り組んでいます。一方で、これを機会とも捉え、ポストコロナを見据えた、未来の地方社会を形成することにも挑戦してまいります。
この使い道を選択いただいた場合は、感染症対策や地域経済の復興など、コロナウイルス対策関連事業に利用させていただきます。

【2020年8月16日までクラウドファンディングも実施中!ぜひご協力ください!】

covid-19

3.寄附のお申し込み方法

 寄附をしていただく際には、(1)インターネットからのお申し込みと、(2)申込書によるお申し込みがあります。

インターネットからのお申し込み

(1)「ふるさとチョイス」の専用フォーム<外部リンク>「ふるなび」の専用フォーム<外部リンク>または「ふるさとプレミアム」の専用フォーム<外部リンク>からお申し込みいただくことができます。

(2)寄付金の納付方法は、それぞれの申し込みサイトが定める各種決済サービスがご利用いただけます。

  例)各種クレジットカード決済、マルチペイメントサービス等

    ※決済手数料は矢板市が負担いたします。

 

 申込書によるお申し込み

(1)ふるさと納税申し込み [Wordファイル/30KB]または、ふるさと納税申し込み [PDFファイル/197KB]に必要事項をご記入いただき、総合政策課あてに、メール、ファクス、郵送等にてお送りください。

(2)矢板市から、ご確認の連絡を差し上げます。

(3)ご希望の納付方法にあわせて、納付書等をお送りしますので、ご送金ください。

※寄附をいただいた後、税金の控除などに必要な「寄附証明書」を送付させていただきます。
 ご提供いただいた個人情報は、この寄附金に関する事務以外に使用することはありません。

4.ふるさと納税ワンストップ特例制度について

 ふるさと納税にかかる寄附金控除を受けるためには、原則として確定申告が必要ですが、平成27年度税制改正により、一定の条件を満たす方については、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除を受けられる仕組み「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。

 この制度の適用を受けるためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • 確定申告をする必要のない給与所得者等であること
  • 1月1日から12月31日まで寄附をした自治体数が5団体以内であること
  • 各寄附先の自治体に、特例の適用に関する申請書(下記よりダウンロードできます)を提出すること

 ワンストップ特例申請書 [PDFファイル/755KB]

申請書を受理した際は、お申し込み頂いたメールアドレス宛に受付完了となった旨の電子メールをお送りさせて頂きます。

(注意)

  • ワンストップ特例の適用申請を行った後に、転居による住所変更等、提出済の申請書の内容に変更があった場合、寄附をした翌年の1月10日までに、申告特例申請事項変更届出書を提出してください 。

 申請事項変更届書 [PDFファイル/298KB]

5.返礼品について

 矢板市では、5千円以上のご寄附をされた矢板市外にお住まいの方に、返礼品をお送りさせていただきます。矢板市内にお住まいの方については、返礼品はお送りしておりません。
 

ふるさと納税事務に関する外部への情報提供について

 返礼品の確認及び送付等のため、お客様のご住所、お名前、寄附金額、メールアドレス、電話番号を、本事業の協働事業者ある株式会社トラストバンク、株式会社アイモバイル、株式会社三洋堂、株式会社シフトプラス、株式会社ユニメディア、株式会社三越伊勢丹に通知する必要がありますので,ご了承ください。なお、頂いた情報はふるさと納税に係る事務以外には利用いたしません。返礼品は、生産者等から直接お送りさせていただきます。

ふるさとチョイスにおけるポイントの取り扱いについて

 ふるさとチョイスでは、寄附金額に応じ、ポイントを付与するポイント制を導入しておりましたが、令和2年6月25日(木曜日) 17時00分をもってポイント制を廃止いたします。ポイント保有者様につきましては、下記の対応となりますのでご了承頂けますようお願いいたします。

◆現在、保有されているポイントは、有効期限までご利用いただけますが、
 7月以降は交換できる返礼品が制限される場合がありますので、
 なるべく早い時期に返礼品への交換をお願いいたします。
 尚、6月25日以降はポイント追加を目的としたご寄附は受付できませんので予めご了承ください。
◆交換方法について
 7月10日より、ポイント保有者様向けの返礼品申し込みフォームが稼働します。
これまでと同様に「ふるさとチョイス」または「ふるぽ」のポータルサイトより交換、申し込みをお願いいたします。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解頂けますようお願いいたします。

 

6.お申し込み・お問い合わせ

 329-2192

 栃木県矢板市本町5-4

 矢板市総合政策課 政策企画担当

  Tel 0287-43-1112

  Fax 0287-43-2292

  Email:seisaku@city.yaita.tochigi.jp

7.関連サイト

ふるさとチョイス(外部リンク)<外部リンク>

ふるぽ(外部リンク)<外部リンク>

ふるなび(外部リンク)<外部リンク>

ふるさとプレミアム(外部リンク)<外部リンク>

三越伊勢丹ふるさと納税(外部リンク)<外部リンク>

以下のサイトにて矢板市の返礼品が紹介されています!

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)