ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 介護・福祉 > 介護保険 > 介護保険 > 介護保険事業所における事故の報告について

介護保険事業所における事故の報告について

介護保険事業所において事故(利用者のケガ等)があった際は、所管の市町、利用者の保険者に届け出ましょう。報告手順は以下の通りです。

事故が起きたら

 利用者のケガ等、サービス提供中に事故が発生した場合には、バイタルの測定や手当、病院の受診などを済ませた後、施設を所管する市町、利用者の保険者である市町に対し、第1報として電話での報告をします。

 矢板市の報告先:高齢対策課 介護保険担当 0287-43-3896

報告書の提出

 利用者のケガの処置、家族への報告(賠償等の調整)、施設での事故に関する会議が完了し次第、以下の様式を揃え、関係する市町に届け出ます。

  1. 介護保険事業者事故報告書(本ページにてダウンロード可)
  2. 事故発生当日の記録(写し)
  3. 事故発生日が属する月の勤務表
  4. 事故に関する会議の議事録(写し)
  5. 施設の平面図(事故発生個所をマークする)
  6. 事故発生個所の写真(発見時の利用者の状況がわかるよう、スタッフが写真に写り再現するか、写真にイラストを書き込む)
  7. 事故対応マニュアル(※年度初回のみ)

介護保険施設事故報告書 [Wordファイル/15KB]