ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 介護・福祉 > 介護保険 > 介護保険 > 令和元年10月からの総合事業における報酬改定について

令和元年10月からの総合事業における報酬改定について

矢板市介護予防・日常生活支援総合事業における報酬改定について

 令和元年10月1日より介護予防・日常生活支援総合事業における「国が定める単価」が改正されることに伴い、本市におきましても総合事業の単価を次のとおりに改定いたします。
 矢板市指定の事業者様におかれましては、内容をご確認くださいますようお願いいたします。

 なお、サービスコード表、単位マスタは国保連との調整が済み次第公開する予定です。

 参考:「地域支援事業の実施について」の一部改正について [PDFファイル/1月17日MB]
 

1 新設の加算
サービス種別 名称 / 単位数
訪問型サービス独自

介護職員等特定処遇改善加算(1) 所定単位×63/1000

介護職員等特定処遇改善加算(2) 所定単位×42/1000

通所型サービス独自

介護職員等特定処遇改善加算(1) 所定単位×12/1000

介護職員等特定処遇改善加算(2) 所定単位×10/1000


2 消費税率引き上げに伴う単価改定
サービス種別 区分 現行単価 改定後単価
訪問型サービス独自 週1回程度利用 1,168単位 1,172単位
週2回程度利用 2,335単位 2,342単位
週2回を超える利用 3,704単位 3,715単位
通所型サービス独自 週1回程度利用 1,647単位 1,655単位
週2回程度利用 3,377単位 3,393単位
介護予防
ケアマネジメント
ケアマネジメント1 430単位 431単位

3 区分支給限度基準額の変更
区分 現行 改正後
事業対象者・要支援1 5,003単位 5,032単位
要支援2 10,473単位 10,531単位

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)